【変態妄想】クラスメイトを誘惑して楽しむ俺ガイル女子

二次

クラスメイトのキモ男とデブ男にスク水着を見せびらかしながら世間話。

キモ男とデブ男の膨らんでいく海パンを見ながら悦に浸る女子3人組。。

ふたりの海パンが限界まで腫れ上がったら「先生から用具室とフェンスのあいだに落ちてる用具を回収してと頼まれたから手伝って。」とキモ男とデブ男を誘導。用具室とフェンスのあいだは人ひとりが入れるぐらいの激狭スペース。

女子A、キモ男、女子B、デブ男、女子Cの順番で激狭スペースに入っていく。

ほどよく進んだところで女子Aと女子Bが尻を突き出しながら落ちてるプール用具を拾おうとする。するとそれぞれのスク水尻が男の股間に。

「狭くてなかなか拾えない。」など適当なことを言いながら尻をグリグリ。 こんな仕組まれたラッキースケベはありえないが、キモ男とデブ男はラッキースケベと思いながら大歓喜。自らも腰を押しつけ疑似セックス。

女子Cは遅漏なデブ男をより素早くイカせるために胸を押し当てて背後から耳元で囁く。「どうしたの?。 デブ男くん。」「腰動いてるけど、何してるの。」「はぁはぁ。今日暑いね。」他愛もない言葉だが、ASMRぽさのせいでデブ男大興奮。 そのままふたりを疑似セックスでイカせたら何事もなかったかのように用具を拾いプールへ。。。

コメント